旅行のお土産と免税

旅行中に買い物をするなら

海外旅行のお土産や免税品

今から50年前、海外旅行は一生の一大イベントの時代、男性は背広に革靴、女性はスーツ姿ハンドバック、飛行場には見送りの親戚友人一同、駒なしの大きなトランク、飛行場で記念写真をとり、機上の人となる。そのころの海外旅行はもちろん観光が主でしたが、もっと大事な事それは、親戚友人等の土産の買い物でした。免税店でお土産を買いあさる時間を費やし、お金をばんばん使い、帰ってきてから、お土産物を広げ喜んでくれる皆の顔を見るだけで、満足な時代でした。今は土産ものに時間をかけず、自分のための買い物に主力を置き、限られた時間を有効に使う、個性的な多様性な時代になってきました。

免税品の買い物のすすめ

海外旅行の楽しみの一つに免税店でのお買い物を挙げる人も多いと思います。関税などの税金が免除されるため、日本国内で普通に購入するよりもかなり安い金額で買い物ができるので、人気なのです。空港などで出国審査が終わってから入る場所、いわゆる制限エリア内と飛行機の中というのは、どこの国にも属さないという扱いになるため、どこの国の関税もかからないのです。この制度は旅行者であれば、街中のお店などでも金額によっては使えるところが多いですが、書類を作ってもらって、その書類を空港のカウンターに提出したり、など処理が面倒なことが多いです。その点、免税店であれば、パスポートと航空券を見せるだけで、安い金額で欲しい商品を手に入れることができるのです。

↑PAGE TOP